3月 14th, 2018

今回のオーシー散歩は朝倉彫塑館からお届け。

 

明治〜昭和の彫刻家、朝倉文夫の邸宅兼アトリエを、没後に美術館として一般公開しています。

 

残念ながら館内撮影禁止だったのでパンフでご紹介。

1階の広いアトリエでは作品と制作環境の紹介があり、そこから邸宅部に入っていく構造です。

屋上は菜園だったそうで、現在でもその様子が再現されていました。

冊子ではブロンズ像の作り方なんかも紹介されていました。

公園や美術館などで見かける彫刻にはこういった舞台裏があったのですね。

では、また…。

This entry was posted on 水曜日, 3月 14th, 2018 at 11:49 PM and is filed under オーシー散歩. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.