3月 30th, 2014 | No Comments »

こんばんは

和なり屋の海老澤です

暖かい日差しの中で、桜が咲き始めていますね

つぼみから満開になるまで、わずかな期間ですが素晴らしいですね

さあ、そんな桜の咲くころといえば・・・

卒業式や入学式、入社式などなど、いろいろと変化がある時期

和なり屋にも、新たな新商品が!

開花間近であります

 手作り和小物作家tacoさんと

和なり屋のコラボレーション作品

只今、進行中!!!

DSC00094

 手作り和小物ブローチをろうけつ染めバッグに装着

か、かわいい

DSC00097

海の中では、サメと海老、ハリセンボンが

和小物はブローチタイプだから、好きな場所に付け替え可能

 DSC00100サバンナには、動物たちがいます

気軽にバッグをアレンジできちゃいます

さらに

楽しい仲間がたくさん

DSC00111

この他にも、たくさんの和小物の中からお好きな手作り和小物ブローチを選んで

自分だけのオリジナルバッグが作れます

こんなバッグはいままでなかった!!

というような、おしゃれなバッグです

今年中には販売予定ですので、お楽しみに

 

 

 

最後は、最近楽しんでくださったお客様をご紹介

 

こちらのお客様は、職場でチームを組んでいる3人! DSC00067

皆さん、仕事で使うバッグを作成

「脳」に関わるお仕事という事で、デザインをよく見ると「脳」が・・・

体験中も、「脳」用語が飛び交っていて、びっくりしましたが

型染めとろうけつ染めのコラボレーションで作品を作ってくださいました

素晴らしい模様が出ていましたね!皆さんで作ったバッグでお仕事、頑張ってください(≧∇≦)ъ

 

続きましては、

ベルギーから来てくださったお客様と藍染め体験に来てくださったお客様

DSC00075
 染め重ねて作成した素敵な作品  いい色合いに染め上りました

富士山の柄は、日本の良いお土産になりましたね

ベルギーといえば・・・しょんべん小僧! 現地では、ピーボーイと呼ばれているそうです

おもしろいですね!

桜の開花。

新たな息吹きを感じる瞬間です。

年度も替わる4月。

新たなお仕事や学校生活を共にする

バッグやTシャツ、キャップ、手ぬぐい、ハンカチなど

手作りで染めてみてはいかがでしょうか?

体験などのお問合せはこちら↓

03-5603-9169

 

皆さんのお越しをお待ちしております。

それでは、今夜はこの辺で

ごゆっくり

失礼しますm(__)m

3月 22nd, 2014 | No Comments »

おはようございます!

和なり屋の海老澤です

もうすぐ桜が咲くころですね

最近車に乗る事が多くなった私ですが、ラジオからは春らしい曲も多くなってきました

春らしい陽気に乗って、音楽も風も心地いいです

こちらは先日、染めてくださったお客様

DSC00043
とっても素敵な方達でした同じ職場の仲間たちで藍染め体験

作品もひとりひとりの個性が出ていて、キレイ 

楽しんでくださり感謝です  なぜかオレンジデイズを思い出しました!

それでは、今日のブログは

「藍染め市」4月26日(土)~5月6日(火祝)

第4回 藍染め市 作成中 - コピー

藍の魅力~AI48~その2をお伝え致します

前回に続き、AKB48さながら、私が命名した~AI48~さんをご紹介

前回は人気№1の「褐色(かちいろ)」

さんの紹介のみでしたので、今回はその他の人気メンバーを紹介させて頂きます

それでは、スタート!!

まずは歴史的にも人気色「縹色(はなだいろ)」です(≧∇≦)ъ

無題s

藍より、少し浅い色が”縹色(はなだいろ)”

なんと源氏物語にも縹色の着物が登場

平安時代には青の代表的な色として、かなり普及していたよう。

しかも、

縹色だけで4つものレパートリーがあるんです

無題d

 縹 浅縹色 深縹色 縹色と浅縹色の間に”次縹色”があります

日本書記にも記載されている”縹色”

とっても歴史ある人気ものだったんですね!!

続いては、由来さまざま「納戸色(なんどいろ)」

無題n

「納戸色(なんどいろ)」は先ほどの縹色より、緑味が強い色

納戸とは、衣類や家財、道具類をしまっておく屋内の物置部屋のことで、物置部屋の暗がりを表現した色とも言われています

納戸色の色名は、由来がたくさんあり、納戸の幕の色、納戸を管理する役人の衣装の色、はたまた徳川十一台将軍「家斉公」がこの色を好み、いつも納戸にこの染めた布を積んでいたところからという説もあるほど・・・

由来はたくさんですが、

この色あいの奥深さが、なんともいえず人を引き付ける魅力がありますね

私も好きであります!

最後は、究極の「瓶覗(かめのぞき)」

sd

藍染めの瓶をちょっとのぞいただけ(浸けただけ)

という一風変わったネーミング

のぞくというのも、藍染め独特のネーミングで、藍の染料を作る際に藍をかき回しながら、様子をみつつ調整していくのですが、藍の様子を見る事を”のぞく”というのです

その藍独特の表現を色合いにしてしまうという、ちょっとしたユーモアが日本人の繊細さを感じさせますね

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀でも、

人間国宝 染織家 志村 ふくみ さんが「藍染め」を日本の精神の色と表現しておりました!

その中で「藍」の染料を建ててから2か月、

瓶の中で藍が枯れていく中、最後の最後に出る幻の「瓶覗」に挑戦します

藍が死ぬ、その最後に出る色、それが「瓶覗」です

藍も人と同じく、それぞれ個性が違い色あいも異なるため「瓶覗」はでなかったのですが、ロマンを感じさせてくださいました!!

「夕立去った後の空の色、空のブルーのなんとも言えない透明な感じ・・・雨後天晴の色が瓶覗だって言われてるの。」

と言っていて、とても感動しました

個人的には、新聞配達のアルバイトをやらせてもらっていた時、

夜から朝に変わっていく夜明けの数分だけ見られる空の美しさが思い起こされます

とってもキレイでついつい、見入ってしまってました

と、まだまだ紹介したいところではありますが、人気メンバーのご紹介はここまで。

とっても、藍色は深いなあと感じさせてくれますね!!

上記した志村さんも言っていた、藍の潔さ、日本の精神の色合い

藍の人生も様々で、その時、その時で色合いも変わる

そんな「藍染め」にぜひ触れてみてください(≧∇≦)ъ

藍染め体験、藍染め市、ともに自信を持っておすすめ致します

それでは、皆さん

晴れ間が広がったお天気、

休日の方はごゆっくり

お仕事の方は張り切っていきましょう!!

それでは、失礼します!

Posted in 未分類
3月 14th, 2014 | No Comments »

こんばんは

和なり屋の海老澤です

 

3月11日で「東日本大震災」から3年が経ちました。

震災が起き、経験させて頂いたことや考えさせられたこと。

津波、停電、食料問題、放射能、震災の中で、

「助け合い」「チームワーク」という日本の「和」の精神

誰からともなく始まり、みんなが参加している

ひとつになるという事で小さい子供から老人まで、老若男女が一緒に「和」に参加しているという事を感じさせて頂きました。

震災の中で自然とあらわれた日本人の特性は、言葉ではうまく表現はできませんが、とても素晴らしいものであると感じました。

 

皆さんも感じたものであると思いますが、私はこの「和」の意識を皆さんが持つという事が大事なのではないだろうかと思います。

震災から復興すると共に、日本人が受け継いできた「和」の精神も強くすることが大事ではないだろうかと思います。

という事で、少しだけ語らせて頂きました。

 

 

それでは、本日のブログは「第4回 藍染め市」~藍の魅力②~

と、お客様からお預かりして染めさせて頂いた染めオーダー作品をお伝え致します

 

 

さあ、4月26日(土)~5月6日(火祝)開催

第4回 ~藍染め市~

第4回 藍染め市 作成中 - コピー

~藍の魅力②~

本日は、なんと!!
突然ですが今、大人気のAKB48さながら、

藍染めグループ”AI48”の皆さんをご紹介させて頂こうとおもいます!

さあ、こちらのグループは一体、なに者でしょうか!?

 

②藍の魅力~AI48とは!?~

 

という事で、

今や、日本を代表するアイドルグループになったAKB48

他にもSKE48、HKT48、SDN48(解散)、NMB48、乃木坂46、JKT48、SNH48と・・・

なぜ乃木坂だけ漢字なのか、46なのかと思ってしまいますが、

全体で約300人を超す大所帯

アイドル・・・すごいですね

と思いますが・・・

皆さんは江戸時代にも48のヒーローたちがいた事は知っていますでしょうか

 

火事と喧嘩は江戸の華

火消し「いろは四十八組」です

Hiroshige_hikeshi

IRH48ですね

当時は、火事と喧嘩は江戸の華と言われるほど火事が多かった江戸の街

木造住宅がつながっているわけですから、燃えひろがったら、火の海です

被害も相当だったようですようで、

江戸の住民の3分の1をひとつの火事で失った事もあるそう・・・

 

そこで暴れん坊将軍でおなじみの”徳川吉宗公”が定めた火消し軍団が「いろは四十八組」

い、ろ、は、に、ほ、という具合に48組の消防団を作ったというわけです

すごい!!

燃え広がった炎の中で、火を食い止める姿は、まさにヒーロー!

 

画像を見るとずいぶんとアクロバティックな事をしていますが、ここで火事が起きているという合図でもあり、

自分達の組がここで火をくい止めるんだという合図でもあったそうです

 

組ごとに人気も違かったそうで、中でも「め組の喧嘩」の逸話はあまりにも有名ですね

 

AKB48は300人以上でしたが、

「いろは四十八組」はなんと総勢1万人以上!!

それほど、江戸を守る人たちがいたのですね!

 

そんな江戸時代に華開いた藍染め!!

先日のブログでもお伝えした通りですが、

江戸時代の人たちに愛されたしるしとしてこんな形で残っております

 

その名も

藍四十八色

藍の色合いによって、四十八通りの呼び名があったのです

wf

甕覗き(かめのぞき)→水浅葱(みずあさぎ)→納戸色(なんどいろ)→藍(あい)→留紺(とめこん)

これが私の言っていたAI48です

 

特に人気のあったものは、、、

なんといっても”搗色(かちいろ)”

t02000200_0200020012839413275

黒に見えるほど濃い紺色。

「勝ち色」とも呼ばれ、縁起がいいという事で、特に武士の間で好まれたようです

 剣道で見る胴着も、実は藍染め。

 

藍は本当に愛された色であり、

日本になじみ深いという事が

こんなところからも分かるのではないでしょうか??

 

ステキです!!

 

皆さんもぜひ、藍染め体験や、「第4回 藍染め市」に来て実際に、藍染めに触れてみてください!

きっと楽しい出会いが待っています

 

 

最後は染めの魅力をお届け

お客様からお預かりしたブラウスやワンピース

今までタンスの中で眠っていたそうですが・・・

DSC00042

このままでは・・・という事で

お客様の要望により、洋服を染めさせて頂きました

DSC00039

藍染めは濃い色に・・かっこいいです

DSC00025

シャツはとってもキレイ

DSC00029

このブラウスはとっても可愛くなりました

お客様も大満足

まるで服が呼吸しているよう。ただただ感動しましたと言って頂けました

ありがとうございます!

本当に染め上った後は、生き生きとしていて、まるで生き返ったかのよう。

 

改めて、染めの魅力を感じさせて頂きました

皆さんもぜひ、眠っている洋服などありましたら、

染めてみてはいかがでしょうか?

きっとステキな洋服に生まれ変わるはずです

お客様自身でも染める事が出来ますので、

ぜひ一度お問合せください

03-5603-9169

 

ご相談などもお気軽に。お待ちしております!

 

それでは、今夜はこの辺で

ごゆっくり

 

失礼します。。。

3月 7th, 2014 | No Comments »

皆さん、こんにちは
和なり屋の海老澤です
今年も暦の上では、立春も過ぎ
最近は日差しも暖かくなってきました
という事で、和なり屋も春夏に向けて衣替え
IMG_2547.JPG
マネキンさんも春夏仕様
IMG_2552.JPG
気持ちよさそうですね
という矢先になんと雪
また浅草に雪が降ってきました
暖かくなったり、急に寒くなったりですが、
一歩、一歩、確実に春へと向かっているようですね
それでは、今日のブログ
お客様体験レポート「第4回 藍染め市」番外編~藍の魅力①~をお伝えいたします
それでは、和文化体験を楽しんでくださったお客様から、厳選してお伝えする
お客様体験レポートからスタート
まずは、お客様が海外でお世話になった友人と藍染め体験をしてくださいました
DSC09876.JPG
フランスから来てくださったお客様。藍染めストール、Tシャツ、手ぬぐい共にすてきでした!
この後「藍染め手ぬぐい」でパッチワークをするそうです
どんな作品ができるのか、楽しみが広がりますね
フランス語は結局、ボンジュールしかわかりませんでした。。。
続いては、こちらのお客様
藍染め男子の皆様です。
DSC00020.JPG
かっこいい!!  三者三様、どの作品も素晴らしくかっこいい
世界にひとつしかないデザインを、使いこんでください
最後は、足袋藍染め 白い足袋を型染めしてくださいました
できた作品がこちら↓
DSC09874.JPG
桜が、かわいい
DSC09875.JPG
星がキラキラ
着物で体験してくださったお客様
たすき掛けで染めてくださいました
DSC09873.JPG
はじめての型染めも、納得の出来
キレイに染まりましたね 着物姿もすてきです
と、皆さんとっても楽しんでくださり、ありがとうございます!
浅草散策・・・さらに和文化体験
織りも染めも楽しめる 「和なり屋」へ
どうぞお越しくださいませ
和文化体験など、お問合せもお待ちしております
03-5603-9169

最後は「第4回 藍染め市」
4月26日(土)~5月6日(火祝)
第4回 藍染め市 作成中 - コピー.jpg
前回、前々回と藍染め作家さんの紹介や、藍染め市の魅力をお伝えしてきた当ブログ
今回は「藍」の魅力について
触れていきたいと思います!!
①「藍」=「ジャパンブルー」とも言われる由来とは・・・!?
日本でなじみ深い染め物といえば、ズバリ「藍染め」です
では、なぜ「ジャパンブルー」とまで言われるほど、浸透しているのでしょうか
探っていくとなかなかおもしろい!
そもそも「藍染め」の「藍」というのは植物
葉っぱの中に青く染まる色素のもとが入っています
DSC00315.JPG
それが化学反応して、青く染める色素=インディゴになる!
ポケモンみたいに進化していくイメージ
この例えが一番分かりやすいかも!
そんな藍染めが日本に入ってきたのは飛鳥時代
西暦でいうと・・500年代  遠い遠い昔です・・・
平安~鎌倉~室町時代と時を経るごとに藍染めの技術も高くなっていきますが、
藍染めが一気に栄えたのは”江戸時代”
なぜかというと・・・
 木綿の生産が盛んになったため!
img59058221.jpg
木綿汗を吸い取るし、丈夫で肌触りもいい
庶民の服として一気に普及した木綿。
木綿と相性がバッチリな・・・
藍染めは  汚れても目立たない
 防臭・防虫効果
 殺菌作用
 生地を丈夫にさせる

という以前に
おしゃれな藍色
が、
江戸の庶民に受け入れられます!!
着物や帯、のれん、作業着などいろんなものを藍染めしていたそう
そんな藍にあふれた日本を見た 海外の方々が言った言葉が

「ジャパンブルー」

だったというわけです
当時の日本を表すにはぴったりの言葉だったのでしょう!
最近ではアトピーなどにも効くという藍染め
日本古来から技術を高め江戸時代に華開き明治時代にもっとも盛んになった「藍染め」
日本人には藍染め好きなDNAが入っているのかもしれませんね!!
そんな藍染めを存分に堪能できる
藍染め体験

「第4回 藍染め市」
藍染めや染めが、もっと楽しくなる
オススメなイベントでございます
ぜひ、お越しくださいませ
藍の魅力シリーズ②をお楽しみに!!
それでは、今夜はこの辺で
みなさん、ごゆっくり
失礼します(^O^)/